スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅76~78日目スリランカキャンディ

日付 3/10(木)~3/13(日)
為替 1Rs(スリランカルピー)=0.8円
気温 20~35℃



キャンディの旅の情報を
以下に宿、食事、観光に分けて記述。





・宿

1、YMCA
DSCF5616a.jpg
YMCA 料金 500Rs(約400円)

キャンディでこの値段は破格、
安くてもこの2倍ぐらいはする。

あまりにも安かったのでネットで情報収集、
南京虫や水場の清潔さなど厳しい評価がちらほら、
しかし、中には特に問題ないという人もいるので実際に部屋をみせてもらう。


DSCF5605a.jpg
このベットにシーツを被せる。
調べた所、南京虫はいない。


DSCF5607a.jpg
水場は清潔とは言えない、
インドの経験でたくましさレベルが99ぐらいまであがったので許容範囲。



セキュリティボックスがないので荷物が心配だが、
他に宿泊しているのは1,2人。


何といってもキャンディ市街の真ん中で立地場所がいい、
値段相応という事でここに宿泊。













・食事

1、ケンタッキー
DSCF5597a.jpg



値段はあまり日本と変わらない、
米系(ビリヤーニなど)は日本にはないメニューで量の割には安い

DSCF5604a.jpg
2ピース 500Rs(約400円)
チキンビリヤーニ 190Rs(約152円)











2、Fresh juice
DSCF5613a.jpg
宿YMCAから歩いて10分かからないぐらいの所にあるお店。

天気が良く気温も高いので喉が渇く、
ついついジュースを飲んでしまうが、
せっかくの南国だからフルーツジュースも楽しみたい。


DSCF5614a.jpg
種類が豊富、
値段も大体80円以下、
少しだけ食あたりが心配だったが、
問題なく美味しいフルーツジュースを飲めた。
結局キャンディにいる間何回もここにフルーツジュースを飲みに来た。


スリランカは他のフルーツジュース屋にも行ったが、
ここのお店がリーズナブルで味も爽やかで一番良かった、









3、パン屋
DSCF5622a.jpg
スリランカはパン屋が多い、

しかもちゃんとショーケースの中に入っている、
インドから来たからこの光景だけでもテンションが上がる。



DSCF5620a.jpg
ホットドック 90Rs(約72円)
ジュース 50Rs(約40円)
サモサ 50Rs(約40円)
紅茶 40Rs(約32円)



味は日本と違うので、好みが分かれる所、、
正直あまり美味しいとは感じない、
ホットドックはせめてマスタードやマヨネーズがあればもっと美味しんだけどな。

インドでもそうだったがスリランカでもマヨネーズを使った料理に出会う事はなかった。
(日本人宿は別)









4、キャンディ市街の大衆食堂
YMCAのからキャンディ駅に200m通りを降った所の食堂

DSCF5693a.jpg
フライドライス 130Rs(約104円)
シンプルだけどついついスプーンが進んでしまう味、


DSCF5692a.jpg
サムサ 40Rs(約32円)
まあまあ

DSCF5694a.jpg
紅茶 40Rs(約32円)

スリランカだからだろうか、
或いはスリランカだと意識しているからなのか、
どこで紅茶を飲んでも美味しい気がする。









5、SiRI RAMYA HOTEL&BAKER
DSCF5741a.jpg

スリランカでは、
Hotelと言うと食堂の事になり、
レストランと言うと高級お食事処となる。


ランチセットのチキンカレー 350Rs(約280円)
DSCF5747a
うん、いろいろあってうれしい、
けれどもなんか満足な味じゃない、

辛さと、いつも食べない香辛料と後はこの米だろうな、
インドよりはさらさらしてないけど、この米はさすがにあきてしまった。





DSCF5748a.jpg
tea 40Rs(約32円)
紅茶、文句なしに美味しい、
これは土産にスリランカの紅茶を購入しなければ。



















・観光

1、ダラダー・マーリガーワ寺院 (佛歯寺)
Temple of the Tooth (Sri Dalada Maligawa)
仏陀の歯が収められてるとされる寺院。

DSCF5634a.jpg
地元の学生?たちが多い、
暑いので水を撒いている、
裸足だと焼けるぐらいに熱いと思われる。



DSCF5637a.jpg
入場料1000Rs(約800円)
・・・高くはないけどそんなに見たい訳でもない、
前もってネットで調べた情報で満足したのでここはパス。










2、キャンディ湖
DSCF5647a.jpg

キャンディ湖は人造湖、
12年もかけて建造した人の手によって造られた湖。










3、キャンディ市街の市場
DSCF5660a.jpg
野菜もフルーツも豊富。


DSCF5661a.jpg


DSCF5664a.jpg
インドでもそうだったけど、
肉や魚をこんな気温の高いところに長時間置いといては
腐らないのかな。










4、Sri Maha Bodhi Maha Viharaya(大きな大仏)
DSCF5667a.jpg
高さ27m ちなみに奈良の大仏が15m


キャンディ市街から、
山頂に大きな大仏が見えたので行ってみる事に。



大仏の方向にあるも、道が途切れる、
DSCF5666a.jpg
どうやらこの線路を歩いていくみたいだ、

スタンドバイミーな気分を味わう。





DSCF5668a.jpg
見えてきた、
天気がいいおかげで汗ダクダク。


入場料 200Rs(約160円)


DSCF5677a.jpg
大きい。



DSCF5685a.jpg
大仏も途中まで登れ、
そこからはキャンディーの町が一望できる。



DSCF5682a.jpg
中にはちょっとして展示物がある。



大仏を観光し終わり山を降っていると、
子供が家から飛び出してきて写真を撮ってくれと言う。

DSCF5691a.jpg
バッチリポーズを決めてパシャリ、
戦国武将みたいだ、
でもサンダルを片方しか履けていないのが痛恨のミスだけど。


よっぽど写真撮って欲しかったんだね。










5、その他
DSCF5619a.jpg
キャンディ市街


DSCF5698a.jpg
夜のキャンディ市街


DSCF5711a.jpg
夜のキャンディ市街


DSCF5713a.jpg
夜のキャンディ湖


DSCF5726a.jpg
宿YMCAから見た山頂にある大仏と桜と満月












以上、キャンディでした。



キャンディの次はタンブッラへ。
map20150313.jpg
キャンディ →タンブッラ
バス  110Rs(約88円)
約2時間 

スリランカは公共料金(特にバス)は安い
食べ物などに比べて異様に安い。

但し人が集まるまで発車しなかったり、
信じられない程人が乗車してくるけど。



バス停に行きタンブッラ行きのバスを探し無事乗車
DSCF5756a.jpg



バスが激混み、おまけにエアコンなし、
P_20160313_132719_BFa.jpg



DSCF5761a.jpg
人の波が隣に座っている人の所まで押し寄せてきている、

これ以上乗車する人が増えると自分の所まで人が来る・・・
と思っていたら出発。

スリランカのバスも飛ばす、
バングラほどではないけど、
バスは右に左にハンドルを切りどんどん他の車を追い越していく。


そして2時間無事タンブッラに到着。









ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されます、
ご覧になられたらクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。