スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅69日目インド「ココナッツの癖になりつつ味と栄養」

日付 3/4(金)
天気 晴れ
宿泊地 Hotel Kanishka
気温 18-33℃
為替 1Rs=1.7円

大枠の道筋
map20160304.jpg
ハッサン
→マイソール



ハッサン周辺の観光も終えたので、
本日ハッサンからマイソールに移動する。


ハッサンのニューバスセンターに歩いて移動しマイソールまでのバスに乗車。

バスは12時出発し約3時間の道のり
ハッサン→マイソール 113Rs(約200円)



バスが途中で停車し一時休憩
DSCF5002a.jpg
バスの運転手以外にも乗客も食事を摂ったりする、
但し休憩時間が短い。

自分は急いで食事するのも嫌だし、
注文するのもひと手間なので食事は控える。


ココナッツを販売している、
昨日に引き続き注文してみる。
ココナッツ 20Rs(約34円)

DSCF5006a.jpg
注文するとおじさんが器用に鉈でココナッツの上方をスパッと切る。


ココナッツウォーターの出来上がり
DSCF5007a.jpg
まずくはないけど美味しいとも思わない味、
飲んでいると体にいいような感じがする・・・


ココナッツウォーターは今日本でも話題になっている、
ミネラルが豊富に含まれている、
マグネシウム、カルシウム、カリウムなど、
確かに味は大した事ないが体が求めているような味がする。



飲み終わった後は中の実、
鉈のおじさんに頼み、一瞬でココナッツを両断
DSCF5009a.jpg

ココナッツの外側を器用に薄く剥いて天然のスプーンを作る。
DSCF5010a.jpg
天然のスプーンで実を掬う、

当たり!柔らかい実がたくさん詰まっている!

柔らかい食感と、酸味があるような甘いような絶妙な味、
やばいな、この内側の皮の所が少し癖になってきている。


この実は当たりはずれがあり、
新しいココナッツなら実があるが、古いココナッツになると実がなかったり固すぎたりする。



また食べたい、
そう思わずにはいられな程好きになってきた、
味よりあの食感がたまらない。







マイソールに到着

宿を探すが2軒回ってどちらも満室だったので、
その辺で宿を斡旋している人について行く。

何軒か回る、
値段、部屋のシャワーやファン、電源などを確認して3軒目で決定
Kanishaka 400Rs(約700円)
シャワー有り
wifiなし


宿を点検する時に気を付けているポイントは以下3つ
1、シャワーは水圧と高さや首を調整できるか、お湯は出るか(日本じゃ信じられないぐらい水圧が弱い所もある)。
2、ファンは強さを調整できるか(調整できないと夜寝る時にしんどい)。
 調整できるつまみがあっても実際に動かすとツマミがまったく作用しないものもあるので要注意
3、電源は使えるか、コードがきちんと届くところにある


斡旋してきたインド人がお金を要求してきた、
これは初めてだ、宿から斡旋料を払うから自分が払う必要はないと思っていた、

宿の人に聞いても斡旋した人に渡すように言われる。
仕方ないので50Rs渡す。

後からお金を請求するのはやめて欲しいがこれはインドでは常套手段、
次回から斡旋してくれる人にいくら斡旋料を払うのか事前に質問するようにしよう。



宿を決めマイソール散歩がてら観光ツアーセンター(KSTDC)へ
DSCF5022a.jpg

マイソール(KSTDC)で1日観光を申し込む、
運よく明日は他にも参加する人たちがいて最低催行人数を超えているようだ、
3/5日マイソール1日観光代 260Rs(約500円)






ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されますので、
ご覧になられたらクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。