スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅56日目世界遺産スーリヤ寺院

日付 2/20(土)
天気 晴れ
宿泊地 サンタナロッジ プリ―
気温 26-34℃
為替 1Rs=1.65円

大枠の道筋
20160215.jpg
プリ―周辺



学校も昨日が最後の見学だったので本日はのんびり過ごす、
いつもは学校に行く為に朝食が始まる前に出掛けていたので久し振りに朝食を食べる。



午後からコナーラクの世界遺産スーリヤ寺院へ同じ宿の3人で出かける、
手始めに宿サンタナが斡旋してくれるバイクレンタルをお願いし、
料金を少しでも安く済ませる為に3人で2台のバイクを借りる
P_20160220_144007a.jpg
1台600Rs(ガソリン代込)

コナーラクまではプリ―から東におよそ35km、
市街を出ればずっと大きな一本道で気持ちよく走れる、
ただ学校があるところやちょっとしたお店がある所はスピードを落とす為に、
道路に小さな山(10cmぐらい)があるので少し運転に気を付ける必要がある。

途中からコナーラクのビーチが見え、海から吹いて来る風が気持ちいい。



約1時間で到着
DSCF3790a.jpg
建物が見える、近づき入口に並んで入る時に「チケット」と警備員に言われる、
えっ?ここで買うんじゃないのかと思ったら、警備員が来た道を指さす、
どうやら来る途中にチケット売り場があったみたいだ。


インドではよくある事だがお客様サービスが最優先ではない、
どちらかというと売り手の都合の方が優先されるのを所々垣間見る、
特にこういう世界遺産のところはお役所仕事なのかチケット売り場が入口の近くに無い事が多々ある。


入口の近くにチケット売り場があればお客にとっては一番便利なのはわかり切っている、
その分かりきった事をしない、しないという事はここではお客にとっての便利さというのが一番の優先でない事を証明している。

列車のチケット売り場でもお客が並んでいるのにも関わらず、
チケット販売員の携帯電話が鳴るとその電話を取り明らかに私用の電話をしていると思われるときもある。


こういう経験をするとお客様サービス第一優先の日本が恋しくなる、
しかし一方で自分が働く立場となると過酷なサービスを要求される、
インドのこの売り手優先には辟易するが、日本のお客様様というのも何だか窮屈で考えもの、
中間が欲しい。



コナーラク入場料
DSCF3792a.jpg
インド人 10Rs
外人 250Rs(約420円)


13世紀頃に建立、
直径3mを超える24個もの車輪に支えられた巨大な場所に見立てた幻の寺院。



DSCF3797a.jpg
入口



DSCF3799a.jpg
本殿(修復中?)


DSCF3805a.jpg



DSCF3828a.jpg
巨大な車輪




見て回るだけなら30分もあれば十分


帰りはコナーラクのビーチに寄る

DSCF3854a.jpg
馬がいていくらかお金を出せば乗馬できるみたいだが、
あまり馬も元気なさそうなのでやめておく。

砂浜なら落ちてもけがしないから、
一度馬の手綱をひいて思うさま駆けてみたいものだ。



遺跡もビーチも楽しんで帰路につく。


宿では宿泊者が映画を企画してくれており、
宿にあるスクリーンとパソコンにある映画を使って映画上映会、
007の「スカイフォール」、宿泊者10人程集まってから上映。

一度見た事があるけど、面白かったので再度見る、
ジェームズボンドのスマートでスタイリッシュでタフもいいが、
この映画で所々ユニークな台詞や表情があるシーンが好きだ。




ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されますので、
ご覧になられたらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。