スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルナの生鮮市場の異臭と活気

日付 2/6(土)
天気 晴れ
宿泊地 millennium hotel
気温 14-29℃
為替 1TK=1.49円

大枠の道筋
201605map.jpg
クルナ周辺



ホテルで朝食を済ませる
P_20160206_120021a.jpg
90TK(約135円)




クルナ市街を散歩
DSCF3425a.jpg
クルナ市街はバングラ第3の都市だが渋滞はほぼない、
道路の幅は広くオートリクシャなどの数もそんなに多くない、
街もごみごもしていなくて散歩していても窮屈な思いをすることはない。



クルナ市もある程度同じ業種のお店がかたまっている、
DSCF3430a.jpg
家具屋が500mぐらい続く。


カメラを持っていると写真を撮ってと言ってくる人がいる
DSCF3427a.jpg
様々な決めポーズがあるものだ。

スマホがあるから写真自体は珍しくないはず、
外人がいるから少し話しかけてみたい、
そういう想いから生まれる一つのコミュニケーション方法なのかもしれない。



ルプシャ川の近くまで行くと荷積めの為か大きな荷物を運んでいる光景が多い。
DSCF3434a.jpg
重そう。



ルーレットのあるギャンブルの所でやってみないかと誘われる。
DSCF3443a.jpg
参加したいのは山々だが、欲しい景品が見当たらない、
下手に当たったりすると断れないので辞退する。



小型のお店が続く市場を通る、
DSCF3450a.jpg
カラフルなとかげの姿を自慢げに見せてくれる、
とかげもやられた感満載の表情、これ何かの宣伝で使えそうな写真だ。

それにしてもこれは一体何の商売なんだろう?
ペット販売かな、まさか食料じゃないよな。



DSCF3454a.jpg
香辛料も様々なものがある、
一口にカレーと言っても調合により様々な味を調理できるのだろう。



DSCF3455a.jpg
米も様々な種類がある、
ハエがブンブン飛んでいるのが気になるが米屋の主人は全く気にしない様子。

インドでは1kgで100円から150円ぐらいだったから大体日本の三分の一ぐらいの値段、
バングラはインドよりもちょっと安かった。




華やかな市場が見えてくる、
中に入ってみるとそこは生鮮食品の市場、
DSCF3507a.jpg

もう18時をまわっている、いったい何時から開かれているのだろう。


野菜市場の奥から異臭が!
どうやら奥が魚や肉の市場となっているようだ。


DSCF3483a.jpg
鶏肉の販売、
お客が選んだ鳥をその場で捌く( ゚Д゚)


山羊も途中まで捌いているものをお客が品定めして選び、
それをスタッフがちょうどいい大きさに捌く
DSCF3478a.jpg
ちょこちょここういう肉の塊を見てきたがまだ慣れない、
鼻を刺激する異臭の強さが強烈、
鼻が曲がるとはまさにこの事だと思い知らされる異臭。



DSCF3494a.jpg
魚市場も活気がある



DSCF3498a.jpg
販売はkgを単位に量り売り、
大体1kg 50から60tk(80円から100円)ぐらい



DSCF3501a.jpg
でました、ロブスター!ではないな、
これなんだろう、伊勢えびに形は似ているけど。

値段は1kg 80tk(120円) ・・・ここで購入して調理したい!
が宿にはキッチンがない、無念。


しかし本当に安い、チッタゴンのレストランでも安いと思ったけど、
原価がこれだけ安ければ現地の人はいつでも好きな時に好きなだけ食べれる。





ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されモチベーションも上がりますので、
ご覧になられたらクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。