スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チッタゴン散歩

日付 2/1(月)
天気 曇り
宿泊地 hotel Al Faisal
気温 18-26℃
為替 1TK=1.54円

大枠の道筋
20160201map.jpg
チッタゴン周辺




目が覚めテレビについてるロゴをを見てふと気付いた、
DSCF3189a.jpg

「NIPPON」これは一体どこのメーカーだろう?
まさか日本のメーカーではあるまい、
ネットで調べても手掛かりになる情報は見つからなかった、
バングラに存在する闇のメーカーなのか。





ダッカで知り合ったトウヒが紹介してくれた友人に会いに、
店「Musa&Brothers」まで出かける。
DSCF3220a.jpg



DSCF3193a.jpg
チッタゴンの街並み


DSCF3195a.jpg
喧噪で人も交通も多い、
地下鉄とかモノレール、高速道路が新たに建設されないと、
この交通渋滞は永遠に解消されないだろう。


DSCF3194a.jpg
溢れているのは人だけではなくゴミも同じ、
交通渋滞もひどいのでゴミの回収も一筋縄ではいかないだろう。





ダッカでもそうだが、
分野毎にお店の位置が分かれている、
金物屋が50店ぐらいまとまっている所もあれば、
電気製品のみ扱っているデパートもあり、
アパレルショップが500mぐらい続いている所もある。

自分の欲しいものを買いに行く時に他の店と見比べれるから便利だが、
店数が多過ぎる気もする、それだけ住んでいる人もたくさんいるのか。



電化製品を扱っているビルに入る、

DSCF3213a.jpg
スマホなども8000円ぐらいからある、
携帯などはもっと安い。

ハードで1万ぐらいの買えば、
後はsimカードと2GBのネット込みで1000円ぐらい。

日本と比べるとハード代は多少安い、
通信料などは断然安い、そもそも月々基本料金6000円もの費用がかかる国は稀だろう。



今朝気になった事があるので調べに来たがそれが見つかった。
DSCF3215a.jpg
「NIPPON」


DSCF3216a.jpg
一体どこの国のメーカーなのか店員に聞いていると韓国との事、
ちなみに「NIPPON]の意味を店員に質問するとJAPANという事をきちんと知っていた。

メーカーの知名度というのは非常に重要、
Made in JAPANというのはアジアでは一つのブランドのようなものだ、
しかし「NIPPON]というブランドは全く知名度はないし効果もない気がするだろう、
例えお客さんがその意味を店員に質問して知ったとしても、
それがMade in korea ならお客さんからの信頼も結局得られないと思う。




アパレル関係のお店が並んでいる通りを歩く。

カメラを首から掛けているので写真を撮ってくれと頻繁に声をかけられる。

DSCF3222a.jpg

隣のお店の人も俺を撮ってくれとせがんでくる
DSCF3223a.jpg
満面の笑み


そうすると最初に写真を撮った人が、
スタッフと含めた二人が写った写真を撮れと言ってくる。

DSCF3224a.jpg
肩を組まされたスタッフは少し面倒そうな表情。

またもや隣の店が負けじとお店ごと写真を撮ってとせがんでくる。


DSCF3225a.jpg
そんなに満足そうな表情するなら何枚でも撮るよ!




チッタゴンにあるJOHUR MARKETにあるシャツはおしゃれ
柄もそうだがボタンもユニークなものがついている、
値段は600TKから800TK(900円から1200円)
バングラディシュにしては高い値段かもしれないが、
この値段なら日本人なら購入するのでは

DSCF3226a.jpg




ダッカで知り合ったTOHIDの仲間の店にたどり着く、
オープン直後なのか、衣替えの時期なのか、
販売する服を整理していて忙しそう、
しばらくその場で観察して店を出る。


HUGER GAMES
DSCF3253a.jpg
チョコレートラッシー 120TK(約180円)
チョコレートとラッシーの味がきちんとする、
この2つ微妙にアンマッチな気がする、
まずくないけどいまいち。




ブラブラ散歩

ニワトリを量りに乗せているお店がある、
重さで値段を決めているのだろう。
DSCF3254a.jpg


交渉が成立したのか、スタッフの人がニワトリを持ち上げ、
小道の奥に歩いて行く、お客も鉈を持ちついて行く。
DSCF3255a.jpg
ニワトリがしきりに鳴いていたのが聞こえなくなった。
男たちが戻ってきてスタッフが鳥の皮を剥がし始める。


日本だとスーパーにきれいに陳列されている肉を購入するから、
動物の命を食べているという感覚が薄い、
このように目の前で命を奪う瞬間を目の当たりにすると、
殺生の上に成り立っているという事実を改めてつきつけられる。



しばらく店の様子を見学していると、
お客さんっぽい人がこちらにずっと視線を向ける、
よくある事で東アジア人の顔が珍しいのだろう、
10秒ほどにらめっこをした後で口を開いた
「アナタナニホンジンデスカ」

日本語を話すバングラディッシュ人に出会ったのは初めてかもしれない、
インドのバラナシでは日本語を話す人が信じられない程多かったが、バングラディッシュには全然いない


前原「どうして日本語を話せるんですか?」
バングラ人「ニホンゴヲシュウニイチカイナラッテイマス」

少し話して家に来ないかと誘われる、


もう暗いしどうしようか迷うがここから近いとの事、
少し歩いて遠かったら引き返そうと思いついていく事にする。

日本語ができるバングラ人は、
捌き終わった鶏肉をビニール袋で受け取り歩き出す。

歩く事2,3分、周りが暗い、
この辺が引き際と思ったところでアパートに着く、
アパートの4階に会談で登って行く、
そこに両親と姉夫婦も住んでいて、
子供も3人いるにぎやかなところだ。

お父さんが英語が話せるので会話する。

夕飯に誘われる、
きっと先ほどのニワトリを使った料理なのだろう、
先ほど命を奪った光景に内臓が意外と衝撃を受けたらしく拒否反応を示すので、
夕食は体裁よく断り、また明日会う約束をして帰路に就く。


いつも鶏肉食べているから別に平気だと思っていたが、
鳴き声がなんとも忍びなく、その鳴き声が止んだ瞬間が心に響いてしまったのかもしれない。






ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されモチベーションも上がりますので、
ご覧になられたらクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。