スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダッからからチッタゴンへ移動

日付 1/31(日)
天気 曇り
宿泊地 チッタゴン hotel Al Faisal
気温 17-26℃
為替 1TK=1.53円

大枠の道筋
20160131map.jpg
チッタゴン周辺



10時前バス停到着、チッタゴン行きのバスを待つ
P_20160131_101146a.jpg
スナックを購入、
右下のスナックはわさび味、
これはワサビーフに似ていてなかなかいける。



バスに問題が発生したらしく代車のバスを待つ、
P_20160131_105230a.jpg
さすがなかなかの値段するだけあってポンコツアートなバスとは違う

約30分遅れて10時半出発。
ダッカ→チッタゴン1250TK(約1900円)
大体7時間程でチッタゴンへ到着予定。

P_20160131_135019a.jpg
中も広々、特に前4列はExecutive 席で値段が後ろの席より高い分幅が広く足も伸ばせる間隔。


ダッカ市を出るのに1時間以上かかる、
ダッカ市内での平均速度は時速10kmと言ったところだろう、
慢性的な渋滞がこの街の大きな欠点。



13時半頃休憩、食事処があり食事をする人も多い。
17時前にチッタゴン到着。
DSCF3171a.jpg
チッタゴンも車やリクシャで交通渋滞はひどい。

歩いてホテルを探す、
スマホが使えるので大体ホテルが集まっている所へ進む。


ホテル Al Faisal
1泊600TK、部屋を見せてもらう、まあまあ清潔
ホットシャワーはないがwifiがあるのでここに決定
DSCF3184a.jpg
ホテル Al Faisal 600TK(約900円)
wifi有り(そこそこ早い)
部屋にトイレとシャワー有り(お湯なし)

パスポートのコピーがないか聞かれる、
このホテルには現在コピー機がないみたいだ、
近くにコピーできる場所があるらしいが5TK取られるとの事、
さすが安宿、そんなのありなのか。、
パスポートのコピーは持っているのでそれを渡す。



DSCF3179a.jpg


DSCF3180a.jpg



DSCF3182a.jpg
ホテルのスタッフは勿論、入り口の門番も素晴らしいホスピタリティ。







夕食は歩いて1分の台湾レストラン
DSCF3185a.jpg
値段が普通の食堂の3倍ぐらい、
サイズを懸念するも、フライドライスなどはハーフがあるが、
メインの料理はハーフサイズはない

牛肉炒めとフライドライス(ハーフ)を注文、
待つ事15分

DSCF3187a.jpg
牛肉炒め 350TK(約480円)
フライドライスハーフ 130TK(約200円)

フライドライスはハーフでも多いぐらい
久し振りに炒めた牛肉を食べる、なかなか美味しい!
と思ったら、パクチーが入っていた。
パクチーとはタイ語であり、日本語では「香草」ヒンディー語では「コリアンダー」
ベンガル語では「ドニヤパタ」

DSCF3188a.jpg
久し振りの牛肉、味も美味しいのにパクチーが邪魔をする、
箸で取っていくが、かなり細かくパクチーを刻んでいてきれいには取れない、
パクチーさえなければかなりの美味しさなのに。
無念(T_T)


一応パクチーをできる限り取り除いて全て食べた、
しかしやはりパクチーの味が口に残り気持ち悪い。

次回からはきちんと注文する前にパクチーが食べれない事を店員に伝えよう。



ホテルに戻る。

しばらくするとノックされる、
ドア越しに要件を尋ねる、
どうやら殺虫剤のスプレーをまくらしい、
部屋に殺虫剤をまいてもらう。

その後部屋にいたら舌が少ししびれる、
相当強力な殺虫剤をまいたのだろう。




ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されモチベーションも上がりますので、
ご覧になられたらクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。バングラデッシュも街の様子はインドに似てますね。僕は以前アジアをバイクで旅したいと思ってたんですが、ボコボコのバスや交通渋滞やマナーを見ると止めといた方がいいようですね。事故を起こしそうで怖いです。行くんであればやはりバスや鉄道を利用することにします。

Yusukeさんのように英語ができると旅も楽しいでしょうね。僕は英語があまりしゃべれないので羨ましいです。今さら勉強しても覚えられないので分からなくても思い切って行ってみようかな・・・なんて考えてます。

これからもすばらしい旅をお続け下さい。

Re: No title

>>クロスカブさん

こんにちは
バングラディシュの街並みはインドに似てます、
人はだいぶ違いますが。

バイクでの旅も無しではないと思いますし、
そっちの方が面白いとは思いすが渋滞やマナーを考慮すると確かに考えものです。

英語を使っていますが、インドやバングラの英語とはまた違うので結構苦戦しています、
インド人に英語で質問しているのに「英語で話してくれ」と言われたりします、
いやいやそれはこっちのセリフ!って言いたいんですけどね。

是非とも海外にお越しください!
日本はまだ寒くて旅は難しいと思いますが、こちらは暑くて特にインドは費用もそんなにかからないのでお勧めです(^-^)
プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。