スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅33日目ダッカでsimカード入手

日付 1/28(木)
天気 曇り
宿泊地 Ramna Hotel
気温 16-26℃
為替 1TK=1.5円

大枠の道筋
20160126map.jpg
ダッカ周辺




午前中にホテルロムナでチェックアウトする人を待ち、
めでたくホテルロムナで部屋を確保。
Hotel Ramna 700Tk(1050円)
Wifiなし、
シャワー(お湯をはベランダの蛇口から入手可能、バケツに入れて運ぶ)
テレビ有り

DSCF2841a.jpg

DSCF2839a.jpg

DSCF2840a.jpg

値段相応だろう。



DSCF2844a.jpg
5階なので市街がある程度一望できる。


DSCF2844b.jpg
よく見ると突っ込みどころ満載!




昨日まで宿泊していたRoyal Palaceは1330TKだから半額ぐらい、
少しホッとするが、ここはwifiがない、
バングラディッシュのガイドブックもないのでどうにも情報が得られない。







昼食はホテルRamnaの2階レストランへ

メニューがないので直接厨房を見て決める事にする。

DSCF2845a.jpg
メインの料理は大きな鍋で全部調理し終わっている。

写真からでは細かい所が分かりづらいかもしれないが清潔感は厳しいものがある。
多分これが日本から来た直後なら一気に食欲が萎える所だが、だいぶ慣れてきた。

マトンカレーを注文。

P_20160128_130910a.jpg
マトンカレー 100TK(約150円)
ライス 25TK(約38円)




P_20160128_131726a.jpg
野菜が遅れて運ばれてきたのでスタッフに値段を聞くと無料、
むしろ日本ではサラダは料金取るのかと聞かれる、
セットと単品では違い単品では料金を取られると答えると、
スタッフは「うちは野菜は無料だよ」と少し自慢そうに再度言った、
確かに他の店でもバングラディシュだとサラダと言うか生野菜が無料でついてくるところが多い。





あてもなく街を彷徨う。

DSCF2848a.jpg
ドラえもんの鞄やおもちゃ、




交差点
DSCF2854a.jpg
車の間をバイクやオートリクシャとサイクルリクシャが通る、
それにプラスアルファ信号が青でも赤でも人が横切る。

DSCF2855a.jpg

ダッカの交通渋滞はひどい、
特にラッシュ時間となるともう交通麻痺。
街中は車が動けなくなるぐらいで、
大袈裟ではなく本当に車に乗っているより歩いている方が早い。

これは車が多いのだけが要因ではなく、
リクシャが通るの早い速度を出せないとの歩行者がどこでも道を横切るという要因が大きい。


連結されたバスが通る
DSCF2861a.jpg
これをダッカの街中で運転するのは至難の技、
当然無傷で済むはずがない。



DSCF2861b.jpg
①窓ガラスが割れている
②傷だらけ
③窓の枠に隙間がある&ひびが入っている
④汚れがついている(血じゃないよね?)
⑤バックライトなし



ここまでくると心配を通り越してバングラ人のたくましさを感じてしまう。

いろんなところからバングラ人のたくましい声が聞こえてくる(あくまで想像です)

①窓ガラスが割れている → 天然のエアコンだぜ
②傷だらけ → 傷はそのバスの勲章だぜ
③窓枠に隙間がある&ひびが入っている → そんな細かい事気にしないぜ
④汚れがついている(血じゃないよね?) → 雨が降ればきれいになるぜ
⑤バックライトなし → 目がいいからなくても問題ないぜ



おまけ
DSCF2860a.jpg
チキンバーガー→これがバングラのチキンバーガーだぜ、余分な物は含まず100%チキンバーガーだぜ。





DSCF2856a.jpg
壁に貼ってある新聞
バングラではよく新聞をバスや街中で販売している、
書店(出店も含め)もちらほら見かけるし繁盛している、
バングラ人が新聞や本を読む所もよく見かける。

活字離れが起きていると言われる日本人に比べるとまだまだ少ないけど。
そういえばインドでは地下鉄でも列車でもバスでも一人たりとも本や新聞を読んでいる人を見かけなかったな。




街を彷徨っていると日本人が!
よく見るとコルカタの宿サンタナで会った吉さん。

吉さんともバングラディシュに行くと言っていたので、
自分が先にダッカに出発する時に冗談で「じゃあまたダッカで」と言ったのだがまさか本当に会うとは。

ちなみに吉さんは以前自転車で世界を周り、
現在は自転車以外で世界を周っている旅のベテラン。
コルカタの宿サンタナで吉さんの旅の話をいろいろ聞かせてもらった、
中でもハンガリーで盗難にあったが地元の人たちに助けられて自転車が見つかった話は感動ものだった。


世界一周ヨシさんの折りたたみ自転車がハンガリーで盗難→奇跡が起きて発見!



吉さんと少し話した所、バングラはあまり観光ややる事もなく、
宿も高いのですぐにもでミャンマーに移動しようかと言っていた。






吉さんと別れ再びダッカをぶらつく。



ジャイカで働いていたと言うバングラ人Zafarさんに遭遇、
日本の青年海外協力と働いたみたいな事を話す。

英語が通じるのでネットができるようにsimカードが手に入らないか相談すると、
一緒に通信会社のオフィスまで行く事に。

Zafarが通信会社の人と交渉をしている、
が、結果はダメだと、ここのオフィスでは外国人にはsimカードを渡せないそうだ、
しかし、渡せるオフィスもあるらしくそこを紹介してもらいZafarさんと別れる。


言われた通りそこに行って見て相談、
パスポートや基本的な情報を記述し料金を払いすんなりsimカードをゲット!
・必要書類
 1、パスポートビザの部分と本人証明ページのコピー
 2、証明写真
 3、料金
sim card 200Tk(約300円)
通話料 100Tk(約150円)
インターネット(2GB) 399Tk(約600円)

ちなみにキャリアはBanglalink


ネットへの接続設定で少し手間取ったけど、
基本的には店員が設定してくれて無事完了。
(Banglalinkのオフィスではなく、
 街に至る所にあるBanglalink下請けようの所で申し込むと並ばなくて済むしすぐに接続できた)

それにしても安い!
2GBで600円だが、もっと大きい容量を購入すれば単位当たりの値段が安くなる。



ネットがつながれば何でもできる、
スマホをポータブルアクセスポイントにして、
パソコンからでもインターネットにつなげる、
日本を出る前にASUSのZenfone2のスマホを購入しておいてよかった。








ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されモチベーションも上がりますので、
ご覧になられたらクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。