スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅31日目ダッカの安宿事情

日付 1/26(火)
天気 晴れ
宿泊地 Royal Palace hotlel
気温 15から25℃
為替 1RS=1.74円 1Tk=1.50円

大枠の道筋
20160126map.jpg
ダッカ周辺



時刻は既に24時をまわっている、
ダッカのホテルがそんなに埋まっていると予測もしていなかった。


発展途上のダッカは急激なビジネスの進化でホテルの数が需要に追い付いていないのか、
或いはこんな深夜に来る人間を泊めたくないのだろうか。

いずれにしてもまずい時間になってきた、
犬が狂暴となる時間だ。


3件目のホテルは入口が閉まっている、
近くのバングラディッシュ人に尋ねて、
その人が大声で門番を起こしてくれたがそこも満室、
門番が入口に鍵をして「こっちに来い」と言う。


2,3分歩いて、Royal palace hotelに到着、
ついたところは少しいいホテル。

おそらく自分のホテルは満室なので他のホテルを斡旋してくれたのだろう、
ここの部屋は空いているみたいだが、そこそこいい値段、
一番下が 1500Tk(約2250円)で、3泊以上すれば1330TK(約2010円)。

できれば800Tk以内に収めたいが、
路上で狂犬にびくびくしながら朝まで待つのと、
2010円で1拍ぐっすり寝れる事を天秤にかける、
ここは迷う所ではない、ここに1泊しよう。
DSCF2791a.jpg
Royal palace hotel 1330TK(約2010円)
wifi有り(但し部屋からは接続できず、ロビーやレストランで利用した)
ホットシャワー有り

DSCF2763a.jpg
シングルルーム


DSCF2764a.jpg
Bath room

疲労感満載、ぐっすり寝る。












起床し昨日と同じところで昼食
P_20160126_130803a.jpg
昼食 チキンビルヤーニ 145TK(約220円)
美味しい。


昨日宿泊したROYAL PALACEは高いので、安いホテルを探す。
ホテルロムナに行くと本日既に満室、
予約は受け付けていないので、明日は分からない、
チャックアウトが12時なのでそれ以前に来て待つしかない。


続いてバイタスサミール、
なんとここは1週間先まで全て埋まっている、
企業が貸切っているそうだ、
もう一件もやはり満室。

ダッカがこんなにホテルが埋まっているとは思わなかった、
安宿はどこも満室、しかも予約を受け付けない所もある、
ダッカでは宿の供給が追い付いていないのかもしれない、
工事中の建物も多いし、夜遅くまで突貫作業している所が多い
これはダッカが今後一層発展していく事を象徴しているのかもしれない。








街を散策

DSCF2762a.jpg
バングラディッシュのバスはポンコツアート、
今すぐ博物館にも展示しても違和感がないだろう。

よく見ると時間的な劣化だけではない、
角や側面の塗装が特に落ちているのはしょっちゅう衝突をしている証拠。

おまけに窓ガラスもひびや割れているのが多いしドアがないバスもある、
おかげで窓をあける手間が省けるし、いつでもドアから出入りができる。




DSCF2760a.jpg
なかなかここまでならないと思う。


DSCF2760c.jpg
バックライトは6つのうち2つしか生きていない、
下の壊れている2つはそもそも何色だったか分からないし、
右上と右の真ん中は銃で狙撃されたみたいだ。




DSCF2760d.jpg
そもそもどうやったらバスの背面がはがれ穴があくのだろうか、
戦地に赴き命からがら逃れてきた時に使用されたバスにしか見えない。


バングラディシュがいかに貧困物を最後まで使い通すかがよく分かる、
いや使い通すというより使い倒すか。





靴下を購入しようと4店程お店をまわる、
驚く事に全てのお店で値段が同じで短いのが30TK 長靴下が50TK
しかも全く値下げしない、インドとは違う、
何だか少し寂しい気もするが、面倒な交渉もしなくていいので手短で済む。


リクシャも全然しつこくない、
一度ノーというとあっさり引き上げる。




夕食
鳥の丸焼きが美味しそう
DSCF2775a.jpg



DSCF2782a.jpg
チキンハーフ、ライス、サラダ 310TK(約465円)


DSCF2784a.jpg
結構なボリューム。


ペプシを頼むとペプシを2本持ってくる、
冷えているものと冷えていないものでどっちがいいかきかれる、冷えている方を選ぶ。
バングラディシュだと、冷たい飲み物は体に負担がかかるので常温の飲み物を飲む人が多い。






帰り道
出店で子供が働いている。
DSCF2788a.jpg
ちょっとした食べ物を販売している。

よく見ると料金をもらいノートに番号を記入して携帯電話を操作している、
おそらくネットか通話料をチャージしているのだろう、
手際がいいのでしばらく様子を見る。

ひと段落したところでここでたばこを購入
バングラディシュはたばこを1本単位で販売している、大体1本11Tk(約17円)



DSCF2786a.jpg
バングラディシュでは外国人をあんまりみかけず、外国人が珍しいらしい。

大体バングラディシュ人が質問してくるのは、1出身国、2職業、3入国目的、4未婚か既婚かである。
もともと愛想がいい上に、「日本人」と言うとなんとなくうれしそうで一層親切になる、
日本からの支援や援助の影響もあるのか、
バングラディシュ人にとって日本人の印象はとてもいい。



DSCF2787a.jpg



DSCF2789a.jpg

別れを告げてホテルRoyal palaceに戻る。






ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されモチベーションも上がりますので、
ご覧になられたらクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。