スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅30日目インド29コルカタ→ダッカ

日付 1/25(月)
天気 晴れ
宿泊地 Royal Palace hotlel
気温 10から22℃
為替 1RS=1.74円 1Tk=1.50円

大枠の道筋
20160125map.jpg
コルタカ→ダッカ



コルタカからダッカ行きのバスが7時半発なので、
宿サンタナを6時に出る。



P_20160125_061938a.jpg
サンタナの談話室


P_20160125_071236a.jpg
朝から頭を洗っているおじさん


P_20160125_071559a.jpg
バスに荷物を載せる。

コルカタの繁華街であるサダルストリートは朝から慌ただしい。


P_20160125_071613a.jpg
大きな荷物を運んでいる人や、新聞配達、
そしてニワトリ(100羽ぐらい)をリクシャで運んでいるおじさん。


予定通り7時半出発
高速バス コルカタ→ダッカ 850Rs(1700円)

プレミアムシートだけあって快適、
足も伸ばせる広さ。




P_20160125_074003a.jpg
何気なくバスから売店を撮ったつもりが決定的瞬間を捉えてしまった、
まあインドではよくある光景だが(背を向けているおじさん)



P_20160125_075601a.jpg
野外で歯磨きや体を洗う人々。


この国は本当にあきない、
まだ北と東の方だけしか行っていない、
バングラディッシュからまたインドに戻ってきて今度は南の方にも行く予定。



P_20160125_092956a.jpg
なんと食事付き



P_20160125_093023a.jpg
バナナ カレー チャパティ




ペナポール到着、
ここでインドの出国を済ませる。

いよいよバングラディッシュ入国。
バングラディッシュ入国にはビザが必要。

コルカタの大使館で取得予定だったが宿サンタナで情報を集めた結果、
アライバル(入国手続き時に取得)ピザがバスでいけば取得できるとの事、
また最近コルカタの大使館ではピザを取りに行っても受付けてくれない事もある、
(アライバルビザが取れるから大使館で受付けていないのかも)
但し列車で行く際はアライバルビザは受付けていなくて入国できないらしい。


ちなみにネットで日本のあるバングラディッシュ大使館のホームページだと、
基本的には事前にピザを取る事、との記述がある。


結局他のネットの情報も考慮しアライバルビザが取れるだろうと思い、
事前にビザは取得してない。








入国審査でビザについて質問される

審査員「ピザは?」
前原「アライバルビザでの入国です」
審査員「そこに座っといて」

待つ事30分、別室に呼ばれる。
審査員「目的は」
前原「観光です」
審査員「どれぐらいいるつもり」
前原「大体半月です」
審査員「じゃあビザは20日あればいいね」
前原「十分です」


再度待たされること30分
無事ビザが取れた(期間30日、料金無料)



P_20160125_131311a.jpg
パスポートにスタンプとサインがある。
この国もなかなか手強そうだ。 


バングラディッシュからバスが変わり運転手も変わる。

バングラディッシュの運転手の運転が荒い、
スピードを出すし(100kmから140kmは出ている)、
どんどん追い越しを掛ける、クラクションもしょっちゅう鳴らしている、
インドとは違いバングラディッシュ人は気性が荒いのか。




DSCF2743a.jpg
途中で屋台のある所で新たな乗客が乗ってくる、



DSCF2740a.jpg
お腹の空いている乗客は窓越しに注文して食べ物を受け取る





DSCF2747a.jpg
パッドマ川を渡る為にバスごと船に乗船




DSCF2750a.jpg
隣に座っている同じ年ぐらいのバングラディッシュ人アーロンに船内を案内してもらう。



トイレは勿論、果物や魚を販売しているところや
レストランと売店もある。

DSCF2755a.jpg



DSCF2753a.jpg
フィッシュカレーや、チキンカレー
美味しそうだが注文しない、
もしも腹痛に襲われると悲惨な事になるから、
移動中や移動前は食事は控えるようにしている(ポテトチップスやビスケットは食べるけど)。

アーロンは果物を購入していた、家族へのお土産だそうだ。



ダッカの手間で隣に座っているアーロンは降りるとの事、
家族に電話している、そろそろ着くよ、とか言っているのだろう。

家の近くになるとそわそわしだす、顔が完全ににやついている、
家族に会うのが待ち遠しいのだろう。
バスが停まる直前にアーロンと握手をする、
バスから降りる時に再度振り返り満面の笑顔でこちらを向き親指を立てたサインを送り出て行った、
何だかバングラディッシュも楽しくなりそうだ。



21時ぐらいにはダッカの近くまできているがそこからが長い、
ダッカでの交通渋滞で結局10時半到着。



P_20160125_224342a.jpg
だいぶ遅くなってしまった、
事前に調べておいたホテルまで歩く。



人通りがない所を通る。
P_20160125_230948a.jpg
路上で寝ている人もちらほらいる、
毛布をかぶっているのでよく見えないが年配者と子供が多い。



大きな通りに出たので、とりあえずこんな時間だが食事。


P_20160125_232436a.jpg
チキンビルヤーニ 145Tk(約230円)
ジャガイモみたいなものはゆで卵を揚げたもの、
チキンはご飯の中に意外な大きさで入っている。

美味しい!米がインドよりバングラディッシュの方が日本米に近くて受け入れやすい、
おまけにカレーのルーが辛いがきちんと香辛料の香ばしさが出てて黙々と食べてしまう。



P_20160125_232520a.jpg
ちなみに野菜は無料でついてくる
バングラディッシュ!万歳、食べ物がおいしいとテンション上がる。



目星をつけていたホテルRamnaへ、
門番がいて尋ねるが満室との事。


続いてバイタスサミールへ、
ここも満室。


12時まわっているしまずいな、
一応寝袋があるから寝れない事はないけど、
そろそろ犬が元気になる時刻だ。

路上で寝ている人達より、犬の方が心配、
本当に夜になると犬が狂暴になるから勘弁して欲しい。








次回に続く。








ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されますので、
ご覧になられたらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。