スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅28日目インド27コルカタ

日付 1/23(土)
天気 晴れ
気温 7から22℃
為替 1Rs=1.75円
宿泊地 コルカタ サンタナ

大枠の道筋
20160124.jpg
コルカタ周辺




到着予定時刻より5分速く6時50分にコルカタ(ハウラー駅)到着。


宿サンタナへと移動。
駅から離れているので、列車で隣だった韓国人と一緒にサダルストリートまでバスで移動。
P_20160123_072652a.jpg
6Rs(12円)
ちなみにリクシャだと100Rsぐらい

バスの入口はいつでも人が入れるようにか開けっ放し、
バスには料金徴収者がいる(インドは基本的に運転手とは別に料金徴収者がいる)


サダルストリートの手前でバスを降り、
サダルストリートまで歩き、そこで韓国人と別れる。


朝食場所を探す。
P_20160123_080605a.jpg
ケンタッキーは残念ながらまだ開いていない。


ケンタッキーから近くのマクドンルドへ
P_20160123_081414a.jpg


P_20160123_085815a.jpg
インドではマクドナルドは購入レストラン、
確かに値段もいい所のレストラン並。


P_20160123_082325a.jpg
evm Muf beg セット107Rs(約214円)
消費税が15%



サンタナを探すも地元の人たちは知らない、
近くにあの有名なマザーハウスがあるので、
ひとまずマザーハウスを探し、
そこから地図を見てサンタナに向かう。


サンタナ到着。
P_20160123_093327a.jpg
400Rs(約800円) ドミトリー部屋
wifi有り
シャワー有り(お湯有り)
朝食付き


P_20160123_132712a.jpg
この開閉して乗るエレベーターは映画でしか見た事がない。


宿で手続きが終わり、
インド博物館へ。





お昼は屋台のチョーメン
P_20160123_135921a.jpg


P_20160123_140208a.jpg
チキンチョーメン 40Rs(約80円)
人が並んでいるだけあってなかなか悪くない。




インド博物館へ
P_20160123_142614a.jpg
入場料 500Rs(約1000円)
地球の歩き方には入場料150Rsとの記述があるが、
現在は500Rsになっている、
質問すると今年から値上がりしたそうだ。
ちなみにインド人は 20Rs。
25倍か、まあ37.5倍だったアーグラのタージマハルよりはマシか。



DSCF2629a.jpg
マンモスの牙


DSCF2632a.jpg
ダチョウの標本
卵が下に置いてあるのはダチョウと分かる為なのだろか、
そんな事しなくても骨を見ればわかる、
或いはインド人には分からないのかもしれない。




DSCF2638a.jpg
東インドなので仏教に関わる骨董品も多い。




DSCF2641a.jpg
硬貨の展示


DSCF2641b.jpg
アレクサンドロス大王の硬貨がある、
年号を見ると紀元前300年ぐらいなのでアレクサンドロスなんだろう、
しかしこれが硬貨なのか、いつ頃作られたかが分からない、
紀元前300年前からこれだけの鋳造技術があったとは思えないが。





DSCF2647a.jpg
あえてこの仏像を選ぶインド人、
なかなか渋いセンスがうかがわれる。




DSCF2650a.jpg
仏像展示物は細かい彫刻で、
保存状態がいいものも多い。


DSCF2651a.jpg
表側

DSCF2652a.jpg
裏側
芸が細かい




DSCF2661a.jpg
部屋の一角にに瓦礫の山が。
これも博物館の一部なのか。
そうとしか考えられない。


博物館を建設する上でここに瓦礫がたまるような過程があるとは考えにくい、
この瓦礫のようには見えるものは意図してここに置かれているのだ、
という事はやはり博物館に存在するのにふさわしく、
常人には理解できない価値があるものなのだ。


インド博物館はアジア最大級の博物館と謳われている、
アジア最大級の博物館の名誉の為にもそういう事にしておこう。






DSCF2662a.jpg
ツタンカーメンやピラミッドの模型


DSCF2658a.jpg
人類の進化の過程







これはあくまで個人的感想だが500Rsでこれは少し高い、
まあインド人には20Rsだけど。


純粋に博物館を見たいという人にとっては物足りないかもしれない、
但しインドの博物館がどういうものかを見たいのならばありかもしれない。

なるほどインドの博物館はこういう感じか、
と、インドの新たな一面を知る事(或いは再確認)ができる。





夕食はケンタッキー
DSCF2682a.jpg
3つ唐揚げとソースで114Rs(約228円)
20%ほど税金がついて138Rs(約276円)


メニューの価格には税金が含まれていないから、
会計の時にあれ?っとつい思ってしまう。






ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されますので、
ご覧になられたらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。