スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅26日目インド25バラナシ

日付 1/21(木)
天気 曇り→晴れ
気温 11-21℃
為替 1Rs=1.73円
宿泊地 バラナシ サンタナ

大枠の道筋
20160119map.jpg
バラナシ周辺



宿サンタナが主催しているサンライズツアーに参加、
この所天気が悪く、昨日、一昨日は中止、
本日は何とか雨も降らず決行。


朝の6時過ぎに出発
DSCF2517a.jpg
サンライズツアー 300Rs(約600円)

まだ暗い


温かくて甘いチャイを一杯
DSCF2516a.jpg
チャイ代はツアー代に含まれる



DSCF2520a.jpg
ガンジス川のガートに到着



DSCF2522a.jpg
ボートに乗って出港。




立派な邸宅・私邸がガンジス川沿いに建っている
DSCF2531a.jpg




DSCF2543a.jpg




DSCF2540a.jpg
ガンジス川で洗濯をする人

洗濯をする人や、火葬場で働く人はずっとその職業だと、
ガイドさんが説明する。

カースト制度はだいぶ廃止されてきたと聞いていたが、
まだ一部では残っているという事なのか。

身分はひとまずおいといて、
職業を変えれないというのは、未来への変化を限りあるものしてしまう、
世の中は不公平だらけだが、
仕事において選べる自由と言うものあるべきではないか。

そしてあるべきではないかと言うならば、
それを主張するだけではなく、
そうなるように何か自分は行動すべきなんだろう。







途中で鳩の餌を購入し、餌を投げる。

DSCF2566a.jpg



DSCF2562a.jpg






対岸に渡る。
DSCF2583a.jpg
こちら側にはガートも私邸も何もない、
ガイドの説明だと、向こう岸とこちらの岸の人間は中が悪いとの事、
住んでいる種族が異なるのかもしれない


DSCF2586a.jpg
船の底を水漏れしないように補強していると思われる。



DSCF2600a.jpg
ガンジス河で沐浴する人々。


寒くて風邪ひく事も心配だが、
河の水質から病気になる事も心配であるが、
ここはヒンドゥー教徒にとってあくまでも聖なる河である。





DSCF2611a.jpg
寿命が尽きた牛

牛はこのままガンジス川に流すそうだ。










次の場所コルカタに移動する為にチケットを購入しに駅まで移動、
駅まで距離がある、
リクシャに相乗りする場所を同じ宿に日本人から聞く、
おかげで100Rsが20Rsで済んだ。


DSCF2615a.jpg
バラナシではサイドミラーがないバイクに乗るインド人が多い。

東南アジア全般でそうだがクラクションの応酬がひっきりなしに続く、
それは邪魔だから横に避けろ!という合図でもあるが、
今から追い越すから急に曲がるなよという合図でもある。
その為サイドミラーを目で確認しなくても、クラクションの音を耳で確認できる。

おまけに際どい幅をすり抜けするのでサイドミラーは邪魔なのだろう。



DSCF2616a.jpg
こんな風にサイドミラーを曲げるぐらいなら
ない方がいっそのことさっぱりすると思う。



DSCF2614a.jpg
これはサイドミラーとしても使えるし、
すり抜けの際にも邪魔にもならない。

しかしこれだと背後にいるバイクが見えにくい、
こういうどっちつかずの行為が一番事故に結び付きやすい気がする。






駅に到着し
チケットカウンターに行く。


DSCF2620a.jpg
近いというよりひっついている、これがインド式並び方。
見てる分には愉快だが、一緒に並びたくはない。





幸い外国人用チケット売り場有るのでそちらでチケットを購入。



これがインドのカレンダーなのか
DSCF2621a.jpg
少し考えて理解した、
いい頭の体操になった。




夕食は前回も行ったモナリザレストランでピザを注文
ここはwifiも早く静かなのでお気に入りの場所。

待つ事45分

P_20160121_202836a.jpg
ベジタブルピザ 多分160RS(約320円)


美味しそー!


P_20160121_202922a.jpg
チーズもたっぷり。

このクオリティは信じられない、
窯があるのかな?中まできちんち見事に焼けている。


明日も食べに来たいけど、明日はコルカタへ移動、
お昼を宿で食べるので残念ながら、今日が最後。







ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されますので、
ご覧になられたらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。