スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅25日目インド24バラナシ

日付 1/20(水)
天気 雨
気温 11-20℃
為替 1RS=1.73円
宿泊地 バラナシ サンタナ

大枠の道筋
20160119map.jpg
バラナシ周辺



サンタナ朝食
P_20160120_084301a.jpg
目玉焼きの醤油に癒される今日この頃。
 追加トッピングの目玉焼き 20Rs(約40円)



あいにくの天気だがなんとか雨は止んでいるようなので、
ガンジス川のガート(堤防や川岸の壁)に行って見る。


ガンガーは聖なる河、
この川岸に別荘を建てる事は、
ヒンドゥー教徒にとって夢であった。


DSCF2475a.jpg
ボートも至る所にある



DSCF2478a.jpg
アートな堤防


DSCF2482a.jpg
堤防の上の別荘



昼食はレストラン モナリザ

P_20160120_124054a.jpg
 チョコベーカー 35Rs(70円)
店頭で陳列されていたものなのですぐに来ると思ったら意外と時間がかかる、
食べてみるとパンがサクサク、トースターで温めていたのだ、
味も食感もインドの中で食べたパンで最もおいしい。


P_20160120_125025a.jpg
ガーリック&オリーブチーズパスタ 130Rs(約260円)
パスタではなくペンネ、
本当にオリーブとチーズが載っているだけ、
でもこれが意外と美味しい、余計な香辛料とかはない方がいい、
またオリーブに塩味がきいていてそれで充分いける。







再びガートへ
DSCF2481a.jpg
沐浴している人々。
泳いでるいる人もいる。







メインの火葬場(マニカルニカー・ガート)へ移動
DSCF2485a.jpg



火葬場は撮影禁止、
以前外国人が火葬場で涙している家族を撮影して大問題になったとの話をインド人から聞く。




近くに行くとボランティアの人がこちらへと
火葬場が見える所へ誘導してくれる。

DSCF2491a.jpg
薪が積み重ねられている
薪割りをしている人もいる(ここは撮影OK)

建物の3階から下を見下ろす、

砂浜や舗装された道の上にいくつかの焚火が見える、
数は100ヵ所ぐらい、一人一場所。


ボランティアの解説者が説明する
1、家族が亡くなった人をここまで運んでくる、
2、始めにガンガーの河に身を清める為に沈める、
3、その後に準備してある焚火の上に遺体を乗せる、
4、その上に何か砂みたいなものを家族がかぶせる
 (砂みたいなものは肉が燃えると異臭がでるのでその匂いを防ぐためのもの)
5、布一枚羽織った喪主がたいまつみたいなものを持ってくる
  火はマッチやライターでおこすのではなく他の焚火から持ってくる、
 マニカルニカー・ガートは24時間火葬しており300年間火を絶やした事がない。


との事、
説明が一通り済むと別の場所に連れていかれる、
座っている老婆の所に行き寄付をして下さいと言われる。
今遺体を燃やしている薪は高価で、
薪さえもお金を払えない人がいてそれを寄付で賄っているそうだ。

無料だとガイドブックに書いてあったが説明もしてくれたし
ポケットから200Rs出して渡す、
仕方なさそうに老婆がお金を受け取るが何も言わない。

シーーーン、何か気まずい、
その場を立ち去ろうとするとガイドが200Rsを老婆から返してもらい、
一旦ガイドとその場所を離れる。


ガイド「寄付は一度しかできません、きちんと考えてから寄付をお願いします」
もう完全に怪しい、というか払う必要はないのだろう、そもそも寄付だし。


再度老婆の前に移動、
先ほどと同じ200Rsを試しに渡そうとすると老婆が受け取らない、
なかなか面白い冗談だと思ったのだが老婆は眉一つ動かなさない。

面倒なのでその場を立ち去ろうか考える、
でもガイドに説明してもらった恩もある、
しかし今考えてみるとその説明も怪しい、
300年も本当に火を絶やさない事なんてできるのか。


しかし老婆の視線が痛い、
ポケットに入っている紙幣を取り出す100Rsぐらいか、
全部で300Rsぐらいになる、
それを見せると老婆は首を振るがお金は受け取る、
受け取ったと同時にその場を離れ、建物の一番上に行き1時間程火葬場を眺める。



次々と遺体が運ばれてくる、
1日300体と解説者が言っていたが今日はそれ以上かもしれない。











18時半から始まるプージャーを見に行く
プージャーとは蝋燭に火を灯し祈りながら歌う儀式で
多くの観光客が集まる、
18時前ぐらいから始まりだす。


DSCF2503a.jpg



DSCF2509a.jpg
はたから見てると祭りみたいな感じだ。


DSCF2496a.jpg
祭りみたいな儀式。






今夜も前回同様の屋台CHOUDHARY FAST FOODで食事
DSCF2513a.jpg
チョーメン 30Rs(約60円)
この価格では最高のパフォーマンスではないか。



DSCF2514a.jpg
チーズロール 40Rs(約80円)
チーズロールには卵も野菜も入っており絶品の一歩手前ぐらいの美味しさ。







ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されますので、
ご覧になられたらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。