スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13日目インド12 ジャイプル

日付 1/8(金)
天気 晴れ
気温 10から25℃
為替 1Rs=1.9円

大枠の道筋
map20160108.jpg
ジャイプル周辺



ジャイプル1日観光ツアーに申込む為、
ジャイプルが主催している最寄りの観光案内所に行くが見つからない、
おまけに他の観光ツアーやリキシャの人が声を掛けてきてうるさい、
仕方なくサイクルリクシャ(自転車のリクシャ)に乗り、
近くのジャイプル観光案内所まで移動する。


このサイクルリキシャ、
なんと一方通行のところを逆走し始めた。
P_20160108_110501a.jpg


自転車だから一方通行の所で逆走しても、
道路交通法には違反していないのかもしれない。

しかし命が一つしかないという事をよく考えてほしい、
違反しなくても取り返しのつかない事はいくらでもあるのだ。



P_20160108_110515a.jpg
向こうがエンジンを搭載しているオートリクシャが何台来ようが、
向かうところ敵なし、どんどん突っ込んでいく。

相手がよけてくれるや、という気持ちが事故を引き起こしてしまうのだ、
しかしこのように完全に相手に依存しているというのは、
返って清々しい気分もする。

ただできれば一人で乗っている時にやって欲しい、
俺は命が惜しい



走る事10分
最寄りのジャイプル観光案内ホテルに到着
サイクルリクシャに 30Rs渡す、
30Rsが安いのか高いのかもうさっぱり分からない。



明日のジャイプル1日観光に申込む。




昨日カメラの保護フィルターが割れていたので、
レンズ保護フィルターを販売している店を探す。

レンズが割れた理由は
カメラを入れていた鞄を落としてしまった為。

鈍い音がして、まさかと思い見たら保護フィルターが割れていた、
割れたのが保護フィルターだけで本当に良かった、
レンズが割れたとなるとお金も飛ぶししばらく自分の思った写真を撮れない。


P_20160108_113133a.jpg
意外とすんなり発見、
自分のカメラはFujifilmなのでまずはfujifilmの店に入るが、
ここにはレンズを販売していないとの事で、
隣のNikonに行く。



店内には2人の店員がカウンターの前に、
2人のお客さんが椅子に座っている。

保護フィルターは3種類
海外のメーカー 650Rs
カメラのレンズ(HOTA) 1350Rs
海外のメーカー 2300Rs


650Rsは安すぎるし、2300Rsは高い、
またHOYAは知っているメーカーなのでHOYAで決定。
P_20160108_113723a.jpg


しばらくニコンのカメラを見ていると、
4人同時にお客さんが入ってくる。

少しカウンターが慌ただしくなった、スタッフが2人が対応していると
先ほどまで客席に座っていた二人はカウンターの中に入っていく。

えっ君達店員だったの!?
今まで何で寛いでいたんだ?
それにこの店に4人のスタッフは多いでしょう。


高度資本主義社会を終えた国 日本、
全ての無駄を省く至るまでの効率化促進とそれに伴う熾烈な人件費削減、
そんな国で育った自分には理解が遠い。


インド人は言うかもしれない
「これがワークシェアリングだ」と。
(ワークシェアリングは一人の働く時間を短くし、仕事・雇用を分け合う事)

しかしそれならば、
他の2人は休みとして他に遊びに行けばいい、
4人もこの小さな店にいる必要はないのだ。



そもそも往々にしてインドの店のスタッフは必要以上に多い。

オールドデリーのマクドナルドにはスタッフが7人もいた、
注文してから様子を伺っていると
二人が注文を取って1人がポテトを揚げてもう一人がバーガーを作っている、
後の4人はそれぞれの中間地点にいる、
どっからみても暇そうだしホールの中も歩きづらいし、
正直いない方が仕事が円滑に進むとしか思えない。


だから自分はちょうどシフトで入れ替わる時間だろうと思っていた、
ちょうど24時過ぎだったし、もう夜中の時間だから、
4人から3人が入れ替わる為のちょうど重なった時間なんだろうと。

しかしまさかのまさかの先で待ち構えているのがインド人である。

30分以上経過しても結局7人のままだった,
どうやら7人が通常の体制らしい。
ちなみにその30分で入店してきたお客さんは5人だった・・・





ジャイプルを散策


DSCF1965a.jpg
ビルを建設しているが異様に人数が少ない
よく見ると小さな子供もいる。

もしかすると家族ぐるみでビルを建設しているのかもしれない、
ファミリーでビルを事業を企てているのか、

きっと建設が完了すまで100年はかかるだろう、
あの小さなお子様のせがれがおばあちゃんになった時にビル経営が始まるのだ、
親子3代、いや6代に渡る夢、長い道のりだ。

というか機械も使わずよくここまで骨組みができたな、
いや今は機械がないだけで、さすがに途中で機械は使ったよな、多分。







DSCF1966a.jpg
こっちの方は先ほどより早く建設が終わりそうだ、
まだ前の建物がある時の周りの塀を崩し切っていないが気になるが、
新しい建物のコンクリート自体は7割ぐらいは完了しているのではないか。

目の前でスコップを使ってセメントを作っている、
後20年後ぐらいにはビル建設が完了するかもしれない。



できる事ならばこの建造物がいつぐらいに完成するのか知りたい、
作業を見る限りでは正直どれぐらいかかるか見当がつかない、
何十年かかっても全然おかしくない速度で工事を進めているしか思えない、
そんなことあり得るのだろうか。


インドに来てから、数々の疑問が浮上してきた、
その度に予想するがことごとく外れる、
予想から外したもの、予想もしなかったものが答えとなって返ってくる、
インドの理解に近づく為にはまだまだ時間がかかりそうだ。





昨日同様トニーゲストハウスに戻り宿泊
トニーゲストハウス ドミトリー 150Rs
シャワー(ホット)有料。
洗濯有料









ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されますので、
ご覧になられたらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。