スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日目出発

日付 12/27(日)
天気 晴れ
気温 -

大枠の道筋
20151228.jpg
鹿児島中央駅
→福岡国際空港
→南京国際空港


目を開ける、
ずっとずぅーとこの時がくるのを待っていた。

そして遂にその時がきた、
世界へ旅立つ日。




8時半前鹿児島中央駅に到着、
8時40分発福岡行きの高速バスに乗り込む。

インドのデリーにむけていよいよ出発、
まずは福岡国際空港まで。

福岡空港発のフライトは18時半発、
鹿児島から福岡行きの高速バスは1時間おきにあるので、
もっと遅い時間の高速バスを予約したかったが時期が時期なので、
ネットでこの時間しか予約できなかった。


博多駅バスターミナルに到着し、
ヨドバシカメラで買物と昼食を済ませ空港へ地下鉄で移動。


デリーまでのフライトスケジュールは以下の通り。
12/27 18:30福岡空港発 →19:50南京空港着
12/28 7:35南京空港発→8:30上海(蒲東)空港着
12/28 13:45上海(蒲東)空港発→19:40デリー空港着
 料金 \42,650(サーチャージや手数料込)




空港でチェックイン、
パスポートとオンラインで取得したビザ、Eチケットを渡す
受付「ビザNoがないみたですが」
前原「オンライビザでビザNoは現地で取得すると思いますが」
と答えたものの自信がない、
ネットだとこのオンラインビザを持っていけば、
インドの入国管理のところでアライバルビザで入国できると書いてあったが、
英語だったのでいまいち確信が持てない。

しばらく受付スタッフが画面とビザを確認する
受付「入国日と滞在日数の記述があるのでこれで大丈夫です、失礼しました」

インドのオンラインビザの申請方法がちょこちょこ変わり
2015年の3月にも申請方法や申請フォームが変わっているので
確認する方も大変なのかもしれない。

今回の旅の為に購入したリュックdeuter65Lを預ける。
受付「南京空港で必ず預けた荷物を受け取ってください、
 空港から外に出ても大丈夫です」
前原「という事は一回入国しないといけないんですか?」
受付「はい、一度中国に入国することになります」

トランジット(乗換)ならもしかしたら入国手続きをしなくていいと思っていたのだが駄目みたいだ、
というかそもそも中国の国内線に乗り換えるから当然入国しないといけいのか。

あれ?そういえば南京空港は24時間だったかな?
上海空港(蒲東)は24時間を確認したが南京は確認していない気がする。


前原「南京空港は24時間開いているのでしょうか」
受付も即答はできないみたいで、
搭乗する時までに調べておくとの回答。




出国審査を終え、
搭乗時間になり搭乗の為にチケットのバーコードを読み取り機にかざす、
少し違う音が鳴り、係りの人が来て先ほどの質問に回答してくれた
係員「南京空港は24時間ではありませんAM2時が最後で終わり、AM4時から再開となります」

困ったな、空港で一晩過ごす予定だったが閉まるとなると、
どこかに退避しないといけない、
さすがに南京の外は寒いだろうな、
近くにコンビニなどあれば2時間ぐらい潰せるんだけどな。

まあ考えても仕方がない、ひとまず南京空港まで移動。

P_20151227_192323~2a
機内食


南京空港で中国への入国を済ませる、
中国はパスポートのみで15日滞在可能、
それ以上滞在する場合はピザが必要となる。


荷物を受け取り1階で受付を探す、
何かいい方法がないか質問する為だ。
inquiryというカウンターがあったので聞いてみる
前原「この空港は何時に閉まりますか?(英語)」
受付「・・・」
どうやら英語は通じないらしい、
と思ったら受話器を取り誰かと少し話し、
受話器を自分に渡す、英語が通じる人に連絡してくれたみたいだ。
前原「この空港は何時に閉まりますか?(英語)」
受話器「あなたは明日フライトがあるのですか?(英語)」

おお!なんと話が早い、
前原「そうなんです、明朝フライトがあるんです(英語)」
受話器「ファーストルームは24時間開いているので、そこにいればいいですよ(英語)」
前原「ファーストルームはどこにあるんですか?(英語)」
受話器「あなたは今ファーストルームにいるんじゃないんですか?(英語)」

受付の人に指で地面を指して「ファーストルーム」と質問すると頷く、
それはファーストフロアーというような気がするが、
細かい事はおいといて受話器の向こうの人と受付にお礼を言う。



P_20151227_221709a.jpg
助かった、今日はここで寝るか(写真右側の座席)、
日本の空港でもさすがに各空港の細かい情報までは把握できないのだろう、
空港で一晩過ごせるのは非常に助かる。


椅子に座り目をつぶるも、
ヘッドフォンもせずにスマホで動画を見ている人達がいてよく眠れない。

そのうち人も少なくなっていく、
煙の臭いがすると思っていたら喫煙者がいる、
どうやらこの空港は禁煙でないらしい、
南京空港は国際空港で、きれいで広くてまだ新しい感じがする、
もしかすると中国の空港は禁煙でないところがまだ結構あるのかもしれない。

場所を変えて寝る、
いくら空港内とはいえ、さすがに2時過ぎは寒くなってくる、
寝袋を出そうと考えるが、
そんな人は誰もいないので我慢して椅子に横になり眼をつぶる。




ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されますので、
ご覧になられたらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ







約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。