スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅82~87日目スリランカ ヌワラエリヤ

日付 3/17(木)~3/22(火)
為替 1Rs(スリランカルピー)=0.8円
気温 7~23℃




ヌワラエリヤでの旅を、
宿、食事、観光等の分野に分けて紹介。


20160317map.jpg
ヌワラエリヤは標高が高い(1868m)の為、
スリランカの他の場所と違い、快適。

またリトルイングラインドと呼ばれている通り、
イングランド人の避暑地でもあり、
庭園やビクトリア湖付近にごみはなく、きちんと手入れされている、

おまけにその辺でゴルフやポロのスポーツをしている人たちを見かけた。











宿1、Villa Ragith Villa

宿泊料金 1900Rs(約1520円)
wifi有り
ホットシャワー有り(水圧が弱い)

ヌワラエリヤバス停から10分程バスに乗り、
ビクトリア湖を過ぎた辺りのバス停で停車。

そこから登り道を3,4分歩いて到着。

DSCF6293a.jpg
ベットはキングサイズで広々、


DSCF6291a.jpg
一応キッチンもある

DSCF6432a.jpg
食事を食べるスペースもきちんとある。


初め部屋に入った時にファンがなかった、
ファンがないと暑くて寝れないよ、と思って気付いた、
ここは標高1800m、ファンなど必要ない。



家主はここの奥さん、
中学生ぐらいと高校生ぐらいの娘さんがいる。

で、話しをする時には奥さんより娘さんが英語ができるらしく、
娘さんを呼んで、通訳させながら話をした。


とってもアットホームな宿です。











食事1、近辺のお店

宿から近いバス停のすぐそばにあるお店

DSCF6298a.jpg
適当に指差して選んだもの、
チャパティと豆のスープと香辛料


DSCF6297a.jpg
紅茶はどこで飲んでもおいしい、
さすがスリランカ。

全部で 100Rs(80円)









食事2、自炊

DSCF6433a.jpg
食パン、トマト、刻んだたまねぎ、ウィンナー、チーズ、ケチャップ、
袋ラーメンを汁無しで皿に盛ったもの。


スリランカの味に倦んできたので、
自分で味付けはケチャップのシンプルなサンドイッチをつくってみた、
できればマスタードとマヨネーズがあれば良かったのだが、
何だかほっとする味だった。


スリランカでの自分の食べ物い対する感想を言うと、
あまりぱっとしない、スリランカ人はあまり食べ物にこだわっていない気がする。

調理自体も凝っているものが少なく、
味付けもワンパターンでバリエーションが少ない。

高級レストランなどには行っていないので、
全てがそういう事ではないかもしれないが
他の旅人の感想も考慮すると、食べ物は期待しない方がいいだろう。












観光1、Mackwoods紅茶工場 MACKWOODS

バス料金 ヌワラエリヤバスセンター → MACKWOODS 30Rs(約24円)
所要時間:約20分


DSCF6330a.jpg
お茶のハリウッド Mackwoods
Mackwoods Lobookelle Tea Centre



エントランスに入ると、
そこは紅茶についての展示物や紅茶の工程などについての説明文がある。

DSCF6335a.jpg
紅茶の製造工程


スタッフの人が来て簡単に全体の説明をした後、
工場を案内してくれる(無料)

DSCF6337a.jpg
様々な機械があり、工程も分かれている。

最後の工程付近は紅茶のいい香りが充満している。



見学が終わった後は一旦工場を出て、
紅茶をテイスティングルームへ。



DSCF6355a.jpg
先客のフランス人の団体さんが寛いでいる。



DSCF6357a.jpg
紅茶:無料
チョコレートケーキ:80Rs(約64円)

紅茶の色が違う気がする、
香りが強いのに苦みが全くなく後味さっぱり、これは美味しい!
お代わりし、3杯も飲んでしまった。


その後はお土産ルームへ。

DSCF6351a.jpg
紅茶も種類が豊富、
またアンティークな紅茶用食器も販売。



横で何やら商品を段ボールに詰めていると思ったら
DSCF6362A.jpg
中国人の爆買い
留まる事を知らない中国人の購買力。



自分も紅茶を購入しようと思ったが、
もう一つ紅茶工場を見学に行くので、
それを考慮して紅茶を購入する事に決める。

これだけ大きな工場なので、
大きなスーパーにははMackwoodsの紅茶は後でいくらでも購入できるだろうと考えた上での判断だった。

しかしこれが失敗、
はMackwoodsの紅茶はここにしか売っておらず他のお店で商品を見つける事ができなかった(T_T)

テイスティングの時にあれだけ美味しいと思ったのだから、
ためらわずに購入すればよかった・・・。












観光2、Pedro tea center紅茶工場

バス ヌワラエリヤバスセンター → Pedro tea center 40Rs(約32円)
所要時間:約10分


DSCF6368a.jpg
Pedro工場

DSCF6370a.jpg
見学料金:200Rs(約160円)



DSCF6371a.jpg
紅茶の色もバリエーションが豊富、
個人的には原色が強い色が美味しそうな気がする。


DSCF6374a.jpg
工場見学は初めの乾燥させるところだけ写真撮影可能、
それからの工程は写真禁止。




最後のテースティング
DSCF6378a.jpg

うーん、
先ほどMackwoodsで3杯飲んだからか、
或いはMackwoodsが美味しすぎたのかここの紅茶は何か感想が出てこない・・・。












観光3、ホートンプレイズ 国立公園

5時過ぎ起床し昨日準備したサンドイッチを持って宿の外。

既に昨日予約したトゥクトゥクが宿の前で待っている。
出発!


辺りはまだ暗い



7時半 ホートンプレイズ 国立公園到着
DSCF6478a.jpg
外人料金 2058Rs ( 多分スリランカ人は60Rs)
サービスチャージ 1097Rs
VAT 353Rs
料金 合計 3569Rs(約2850円)


既にチケットを購入する人で並んでいる
よく考えると日曜日、多い訳だ。




DSCF6492a.jpg
自然溢れている、
いや野生が溢れていると言った方が正確か。




DSCF6518a.jpg
8時前にスモールワールズエンド到着

景色は・・・いいけど雲と山で単調な風景。




さらに登る事20分


DSCF6530a.jpg
8時20分ワールズエンド到着


DSCF6552a.jpg
観光客が多い、欧米人が特に多い。





DSCF6573a.jpg
山を降りながら国立公園を進む。




DSCF6604a.jpg
ベーカリーウォーターフール





10時半頃観光終了
DSCF6622a.jpg
まだ今から入城する人も多い。

この時間からは日差しが強いだろうな。













その他1、お洒落なヌワラエリヤ
 
ヌワラエリヤはリトルイングラント呼ばれているお洒落な所。


DSCF6306a.jpg
子供達もおしゃれ。


DSCF6462a.jpg
買物袋を抱えた主婦の帰り道、
風景と犬が一匹ついていっているのが何だか日本の昔の田舎を連想させる。

ただ服装が違う、サリー、
あ~ここは違う国なんだなとしみじみ思う。





DSCF6420A.jpg
夜のビクトリア湖周辺

湖に沿った歩道が温かいライトで照らされている、
気温も暑くなく寒くない快適な場所。





DSCF6435a.jpg
アイスクリーム屋がバイクに乗った一家にアイスを販売中。

ヘルメットやサングラスがさりげなくおしゃれ、
家族のピクニックでもバイクで十分移動できるのがいい。

アイスクリーム屋は笛を吹きながら自分をアピールしていた、
昔の日本の豆腐屋みたいだ。





DSCF6434a.jpg
段々畑
標高が高く、気温も冷ややかで涼し気な風が吹く、
のどかでバカンスを過ごすには適した場所。




DSCF6436a.jpg
スリランカ人は子供が甘えん坊が多い感じがする、
小さな子供は親の近くに常にいて、
また親も大きな子供を抱えている姿が多かった、

それに比べインドはどっちかというと放任主義で、
あちらこちらで子供がはしゃいでいた。

インド人もスリランカ人も似ているけど、
国が違うと親子関係も違うものがあるのだろう、とぼんやり思った。





DSCF6641a.jpg
牧場
ヌワヤエリアからホートンプレイズ 国立公園に行く道で発見



DSCF6645a.jpg
風車
ヌワヤエリアからホートンプレイズ 国立公園に行く道で発見












その他2、地元の人々と触れ合う

紅茶工場を見学した後、
徒歩でヌワラエリヤ市街まで歩いていると、
民家からおばさんが手招きしている。


怪しいなと思いつつ、近寄る、
どうやら家においでと言っているらしい。


DSCF6380A.jpg

笑顔で警戒しながら家に入る
DSCF6383a.jpg
そこには現地の人の住居が。


テレビは小さなブラウン管、
スリランカと言えば仏教徒がほとんどだがここはキリスト教、

現地の人の家って何だか新鮮、
ついついキョロキョロしてしまう。


奥さんや主人からどこから来たとか、
そんな感じの会話を続ける。


皆さん笑顔、
ヌワラエリア市街は欧米人を多く見かけるが
この辺を外人が一人で歩くのは珍しいのかもしれない。


そうこう会話をしているうちに近所の人たちが集まってくる。
DSCF6414A.jpg
賑やか―!

近所の人達かと思っていたら、
皆さん親戚だそうです。


折り紙を持っていたので、
折り紙でカエルを作ったり紙飛行機を作り、子供達にも教える。

皆さんの屈託のない笑顔が素晴らしく、
地元の人と楽しいひと時を過ごせた。


インドもそうだったけど、
子供達はあまり人見知りしない、
たまたまなのかな。













以上、ヌワラエリヤでした。




ヌワラエリヤの次は、
コロンボで一泊し、
コロンボ空港からクワらルンプールへフライト。


バス代 ヌワラエリヤバスステーション → コロンボ 440Rs(約350円)

14時過ぎにバスに乗車したが、
結局ある程度の乗車人数が揃うのに1時間待った。

15時出発する、キャンディ近くの市街地を通り、
コロンボに着いたのは20時・・・。




DSCF6714a.jpg


DSCF6771a.jpg
コロンボは建設中のホテルなどが多い、
今後一層観光化が進むのだろう、

それにしても暑い、
やはりヌワヤエリアが特別だったのだろう。




DSCF6729a.jpg
Colombo city hostel  1447円 



翌日空港にバスで移動、

コロンボ空港→クアラルンプール空港
23時→4時50分
5時間50分だが時差が2時間半あるので実際の飛行時間は3時間20分







クアラルンプール到着、
ここに来るのは20年振りぐらいか、
まあそうは言ってもほとんど忘れてしまったけど。













ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されます、
ご覧になられたらクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


スポンサーサイト

旅78~82日目スリランカ ダンブッラー


日付 3/13(日)~3/17(木)
為替 1Rs(スリランカルピー)=0.8円
気温 21~35℃




ダンブッラーでの旅を
以下に宿、食事、観光等に分けて紹介。








宿1、Dambulla city hostel

バスを降りてから20分程で到着、
さりげない小道に入った所にある一軒家のホステル

DSCF5773a.jpg
料金  1900Rs(約1520円) ドミトリー
wifi 有り(早い)
お湯なし
小さなプール有り
朝食付き


DSCF5776a.jpg
素敵な宿!
清潔でおしゃれ、部屋の色遣いがいい、
スタッフの対応が素晴らしい。


DSCF5779a.jpg
裏庭には洗濯を干すスペースがあり、
ニワトリたちも寛いでる。
















食事1、自炊
宿にキッチンがあったのでスーパーで買出しして自分で調理。

DSCF5787a.jpg
たまご1個15円程


ラーメンは1袋30円から40円


DSCF5794a.jpg
食堂で食べると、
自分の好きではない調味料など使っている可能性があり当たり外れが激しい。
自炊だと当たり外れもないので安心。










食事2、ダンブッラーにある大衆食堂
DSCF5939a.jpg
 フライドライス 240Rs(約190円)

まあまあ美味しい、
が、この時停電中(スリランカ全土っぽい)で、
エアコンはおろか扇風機もなく
気温30度の中、濡れたような体で頭が少しボーとした状態での食事になった。










食事3、お酒(Arrack)

お酒を買いに酒屋へ
DSCF5942a.jpg
インドもそうだけど、
お酒を販売している所は大体このように鉄格子がある。

思いつく事と言えば、
襲撃に備える為としか思えない、
でもスリランカでも同じという事は他に別の理由があるのかもしれない。



購入したのは以下2つ

DSCF5948a.jpg
Black Label 180ml 450Rs(約360円)


DSCF5949a.jpg
White Diamond 350RS (約280円)


Arrackは中東でなどで造られているお酒だが、
ここスリランカでも製造しており、値段も他のブランデーやウィスキーよりも安い。


味は香りがいいという事もない、
酔いたい時に買うには無難なのかもしれない。










食事4、Mango Mango
DSCF6199a.jpg
ダンブッラーの中心街にあるレストラン。


DSCF6192a.jpg
清潔、
おまけに陳列されているパンの種類も豊富、
何といってもエアコンが効いているので快適(この辺はエアコンのついているお店は少ない)



DSCF6188a.jpg
ホットドック 60Rs(約48円)
チキンロッティ 50Rs(約40円)
ADA パンケーキ 40Rs(約32円)


ホットドックは予想通りまあまあ、できれば野菜がないが欲しい。
チキンロッティはとても辛い。


DSCF6194a.jpg
ライムソーダ 190Rs(約150円)
美味しいのだがもうちょっとフルーツの甘さが欲しい、
酸っぱいのが売りと言う、そういう飲み物なんだろうけど。













観光1、ボロンナルワ
ダンブッラーからボロンナルワにバスで移動
Dambulla →Polonnaruwa 87Rs (約70円)
乗車時間 約1時間40分

9時前にバスに乗車し11時前に到着
DSCF5802a.jpg


ボロンナルワは広範囲に存在する遺跡、
入場券販売所は一つのみ、

この入場券販売所は分かりづらい場所にあるので、
前もってよく調べていた方がいい。

看板なんかもない。


宿が同じだった日本人と、
あーだこーだ言いながらなんとか到着。

DSCF5809a.jpg
Polonnaruva 入場料 3550Rs(約3000円)

もうこの時点で汗びっしょり、
雲一つない快晴が試練を与えてくるようだ。




約3時間 炎天下の中観光
DSCF5826a.jpg


DSCF5846a.jpg


DSCF5847a.jpg

初めは遺跡を興味深く見て、
写真を撮っていたが、
そのうちだんだん訪れだけが目的になってくる。

遺跡の敷地が広い。



DSCF5887a.jpg

DSCF5903a.jpg


一通り見終わり休憩。


DSCF5908a.jpg
ココナッツ 50Rs(約40円)
冷やしているココナッツウォーターを販売しているお店がある。


オイシー!

つい美味しくて、
追加でもう2個も飲んでしまった。



ボロンナルワのバス停でダンブッラー行きを待つ。
3時半頃乗車。

酷暑の中での観光で体力をよほど消耗したのか、
寝て起きたら5時過ぎ、あっという間にダンブッラ到着。










観光2、Dambulla temple cave

Dambulla temple caveは大きな岩の頂上付近の洞窟に、
複数の仏像などがあるお寺。

巨大な岩の前には巨大な仏像もある。



宿(Dambulla city hostel)から歩く事 40分到着
DSCF5959a.jpg
ピッカピカでバッチリ目が開いている。


DSCF5974a.jpg
その仏像の後ろにある岩を登る。

地元の学生が多い、
欧米人もちらほらいる。


DSCF6017a.jpg
頂上付近にある寺、
神殿みたない入口及び廊下と、
中には複数の洞窟がある。


DSCF5999a.jpg
洞窟の中




DSCF6034a.jpg
岩の頂上付近からの眺め。

周りは平地でその奥の方に山があり、
見晴らしはいい、ほぼジャングルだけど。










観光3、シーギリヤ

7時半にダンブッラーのバス停到着。

なかなかシーギリヤのバス来ず。

8時15分にバスに乗車
バス代 シーギリヤ→ダンブッラー 40Rs(約32円)
所要時間 40分


シーギリヤのバス停到着、
ここからシーギリヤロックまでが遠い。


気温高い、炎天下。
その上シーギリヤロックを登る時は日陰はないとの事。

体力を温存させる為トゥクトゥクで5分程移動
バス停→シーギリヤロックチケット売り場 までのトゥクトゥク代 150Rs(約120円)


40分バスに揺られて40Rsなのに
5分のトゥクトゥクが150Rsも取られるのは何か悔しい。




DSCF6076a.jpg
シーギリヤロック
入場料 4260Rs(約3400円)

値が張るがここはスリランカの目玉、
外すわけにはいかない。





DSCF6085a.jpg
見えてきましたシーギリヤロック!



DSCF6107a.jpg
登り岩の側面の歩く。

場所によっては人が多く進むのに時間がかかる。



DSCF6118a.jpg
シーギリヤロックから見える、
もう一つの岩。

この岩からシーギリヤロックを眺める景色もなかなかいいらしい。



DSCF6161a.jpg
昔はここにライオンの像があったそうだが、
現在存在するのは欠けた足のみ。


そろそろ頂上、
最後の登りはほぼ階段。



頂上到着!

DSCF6132a.jpg
景色は最高




DSCF6179a.jpg
帰りに見つけたコブラ岩




巨岩がポツンとあるシーギリヤは奇抜で一見の価値があった。


行きと同じ経路でダンブッラーの帰路につく。

シーギリヤロック→バス停 トゥクトゥク100Rs(約80円)

バス代 シーギリヤ→ダンブッラー 35Rs(約28円)

























以上、ダンブッラーでした。



ダンブッラーの次は、
リトルイングランドと言われるヌワラエリヤへ。




バス代 ダンブッラーバス停→キャンディ 93Rs(約75円)


キャンディからヌワラエリヤは鉄道がお勧めと聞いていたので、
キャンディ駅に行くが本日の分は全て完売、
明日もほとんど売れ切れとの事。



列車から眺める景色がいいとの事だったので残念、
事前に予約をしておかないと、当日チケットを取るのは難しいと思われる。



バス停まで歩く。

ヌワラエリヤを回りの人に聞く、
小さなバスの所に案内される、どうやらエアコンがついているみたいだ。


バス料金 キャンディ → ヌワラエリヤ =420Rs(約340円)
420Rsはリュック分の場所代を含めた二人分の料金。

スリランカのバスの相場を考えると信じられない程高い。

公共バスではなくプライベートバスなのだろう、
スリランカにしては高すぎだけど、
2、300円の為に何時間もロスする事を考えると、もうこのバスでいいかと思ってしまう。


結局プライぺーどバスは満席になるまでお客を待ち(1時間程待つ)15時半頃出発。
DSCF6235a.jpg




途中からだいぶ坂を登り始める、
ヌワラエリヤは高台、だいぶ近づいてきたみたいだ。

窓を開けると既にエアコンが効いた社内よりも涼しい。
DSCF6249a.jpg

世界に名だたるスリランカ紅茶の名産地ヌワラエリヤの茶畑は見事。



DSCF6276a.jpg
ゴルフ場
リトルイングランド!
楽しめそうだ。



18時前に到着
DSCF6277a.jpg
写真を見ての通り、みなさん長袖やセーターを着ている、
ここヌワラエリヤはキャンディやダンブッラーに比べて平均気温が10度以上低い。

おかげで快適――――!




正直連日30度以上の所で観光し、
おまけにエアコンのない宿だったのでだいぶ体が衰弱していた、
ここヌワラエリヤでゆっくり休みながら観光しよう。













ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されます、
ご覧になられたらクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


旅76~78日目スリランカキャンディ

日付 3/10(木)~3/13(日)
為替 1Rs(スリランカルピー)=0.8円
気温 20~35℃



キャンディの旅の情報を
以下に宿、食事、観光に分けて記述。





・宿

1、YMCA
DSCF5616a.jpg
YMCA 料金 500Rs(約400円)

キャンディでこの値段は破格、
安くてもこの2倍ぐらいはする。

あまりにも安かったのでネットで情報収集、
南京虫や水場の清潔さなど厳しい評価がちらほら、
しかし、中には特に問題ないという人もいるので実際に部屋をみせてもらう。


DSCF5605a.jpg
このベットにシーツを被せる。
調べた所、南京虫はいない。


DSCF5607a.jpg
水場は清潔とは言えない、
インドの経験でたくましさレベルが99ぐらいまであがったので許容範囲。



セキュリティボックスがないので荷物が心配だが、
他に宿泊しているのは1,2人。


何といってもキャンディ市街の真ん中で立地場所がいい、
値段相応という事でここに宿泊。













・食事

1、ケンタッキー
DSCF5597a.jpg



値段はあまり日本と変わらない、
米系(ビリヤーニなど)は日本にはないメニューで量の割には安い

DSCF5604a.jpg
2ピース 500Rs(約400円)
チキンビリヤーニ 190Rs(約152円)











2、Fresh juice
DSCF5613a.jpg
宿YMCAから歩いて10分かからないぐらいの所にあるお店。

天気が良く気温も高いので喉が渇く、
ついついジュースを飲んでしまうが、
せっかくの南国だからフルーツジュースも楽しみたい。


DSCF5614a.jpg
種類が豊富、
値段も大体80円以下、
少しだけ食あたりが心配だったが、
問題なく美味しいフルーツジュースを飲めた。
結局キャンディにいる間何回もここにフルーツジュースを飲みに来た。


スリランカは他のフルーツジュース屋にも行ったが、
ここのお店がリーズナブルで味も爽やかで一番良かった、









3、パン屋
DSCF5622a.jpg
スリランカはパン屋が多い、

しかもちゃんとショーケースの中に入っている、
インドから来たからこの光景だけでもテンションが上がる。



DSCF5620a.jpg
ホットドック 90Rs(約72円)
ジュース 50Rs(約40円)
サモサ 50Rs(約40円)
紅茶 40Rs(約32円)



味は日本と違うので、好みが分かれる所、、
正直あまり美味しいとは感じない、
ホットドックはせめてマスタードやマヨネーズがあればもっと美味しんだけどな。

インドでもそうだったがスリランカでもマヨネーズを使った料理に出会う事はなかった。
(日本人宿は別)









4、キャンディ市街の大衆食堂
YMCAのからキャンディ駅に200m通りを降った所の食堂

DSCF5693a.jpg
フライドライス 130Rs(約104円)
シンプルだけどついついスプーンが進んでしまう味、


DSCF5692a.jpg
サムサ 40Rs(約32円)
まあまあ

DSCF5694a.jpg
紅茶 40Rs(約32円)

スリランカだからだろうか、
或いはスリランカだと意識しているからなのか、
どこで紅茶を飲んでも美味しい気がする。









5、SiRI RAMYA HOTEL&BAKER
DSCF5741a.jpg

スリランカでは、
Hotelと言うと食堂の事になり、
レストランと言うと高級お食事処となる。


ランチセットのチキンカレー 350Rs(約280円)
DSCF5747a
うん、いろいろあってうれしい、
けれどもなんか満足な味じゃない、

辛さと、いつも食べない香辛料と後はこの米だろうな、
インドよりはさらさらしてないけど、この米はさすがにあきてしまった。





DSCF5748a.jpg
tea 40Rs(約32円)
紅茶、文句なしに美味しい、
これは土産にスリランカの紅茶を購入しなければ。



















・観光

1、ダラダー・マーリガーワ寺院 (佛歯寺)
Temple of the Tooth (Sri Dalada Maligawa)
仏陀の歯が収められてるとされる寺院。

DSCF5634a.jpg
地元の学生?たちが多い、
暑いので水を撒いている、
裸足だと焼けるぐらいに熱いと思われる。



DSCF5637a.jpg
入場料1000Rs(約800円)
・・・高くはないけどそんなに見たい訳でもない、
前もってネットで調べた情報で満足したのでここはパス。










2、キャンディ湖
DSCF5647a.jpg

キャンディ湖は人造湖、
12年もかけて建造した人の手によって造られた湖。










3、キャンディ市街の市場
DSCF5660a.jpg
野菜もフルーツも豊富。


DSCF5661a.jpg


DSCF5664a.jpg
インドでもそうだったけど、
肉や魚をこんな気温の高いところに長時間置いといては
腐らないのかな。










4、Sri Maha Bodhi Maha Viharaya(大きな大仏)
DSCF5667a.jpg
高さ27m ちなみに奈良の大仏が15m


キャンディ市街から、
山頂に大きな大仏が見えたので行ってみる事に。



大仏の方向にあるも、道が途切れる、
DSCF5666a.jpg
どうやらこの線路を歩いていくみたいだ、

スタンドバイミーな気分を味わう。





DSCF5668a.jpg
見えてきた、
天気がいいおかげで汗ダクダク。


入場料 200Rs(約160円)


DSCF5677a.jpg
大きい。



DSCF5685a.jpg
大仏も途中まで登れ、
そこからはキャンディーの町が一望できる。



DSCF5682a.jpg
中にはちょっとして展示物がある。



大仏を観光し終わり山を降っていると、
子供が家から飛び出してきて写真を撮ってくれと言う。

DSCF5691a.jpg
バッチリポーズを決めてパシャリ、
戦国武将みたいだ、
でもサンダルを片方しか履けていないのが痛恨のミスだけど。


よっぽど写真撮って欲しかったんだね。










5、その他
DSCF5619a.jpg
キャンディ市街


DSCF5698a.jpg
夜のキャンディ市街


DSCF5711a.jpg
夜のキャンディ市街


DSCF5713a.jpg
夜のキャンディ湖


DSCF5726a.jpg
宿YMCAから見た山頂にある大仏と桜と満月












以上、キャンディでした。



キャンディの次はタンブッラへ。
map20150313.jpg
キャンディ →タンブッラ
バス  110Rs(約88円)
約2時間 

スリランカは公共料金(特にバス)は安い
食べ物などに比べて異様に安い。

但し人が集まるまで発車しなかったり、
信じられない程人が乗車してくるけど。



バス停に行きタンブッラ行きのバスを探し無事乗車
DSCF5756a.jpg



バスが激混み、おまけにエアコンなし、
P_20160313_132719_BFa.jpg



DSCF5761a.jpg
人の波が隣に座っている人の所まで押し寄せてきている、

これ以上乗車する人が増えると自分の所まで人が来る・・・
と思っていたら出発。

スリランカのバスも飛ばす、
バングラほどではないけど、
バスは右に左にハンドルを切りどんどん他の車を追い越していく。


そして2時間無事タンブッラに到着。









ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されます、
ご覧になられたらクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。