スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロローグ





誰かがドアをノックする音が聞こえる、


開けないと。



そこで目が覚める、夢か、
いや違う、今もノックの音が聞こえる、
ノックは自分の外からではない、内側からだ。







一人で海外旅行をしてみたいと思っていた、
自分で航空券や宿の予約を手配した、
また観光する為の交通機関や現地でのルール、両替方法も調べた。

2011年11月香港に降り立った、
そこには自分の知っている人間はいない、
そして自分を知っている人間もいない、
道一つだって知らないし、周りの人にろくに道を聞く事もできない。


初めて自分で何かを選んだような気がした、
自分の足で立っている、重力がいつもよりもくっきりと感じる。



今までも自分で考えて選んできた、
テーブルの上には何枚ものカードがあって選択肢はいくらでもあるような気がした、
でも本当は違うテーブルに移動してもいいし、休憩してもいい。

自分が今まで主体的に選んできたと思っていたのは、
実は物凄く限定的な選択範囲からだったのではと感じた。



香港の最終宿泊日に同じ宿の日本人と夕食を食べに屋台に出掛けた、
同じ宿の日本人は学生で、既に卒業も内定も決まっていて、
残りの学生生活5ヶ月で世界を周っている旅人だった。

2人で食事をしていると隣に欧米人がいたので話しかけた、
アメリカ人とフランス人だった、
アメリカ人は香港に遊びに来ていて、
フランス人は香港に住んでおりフランス語を香港人に教えていた。

その後また隣に若い欧米人が座ったので話しかけた、
ロシア人の新婚さんでハネムーンの最中だった。

香港は毎日夜2時ぐらいまで町の真ん中で屋台があいていて、
結局深夜まで六人で食事とお酒を楽しんだ。
908873_559191170822341_2092884233_n (2)a



世界は広い、そしてずっと遠いものだと思っていた、
しかし遠いと思っていた距離は一瞬にして崩れた、
遠いと思っていた距離は
自分で勝手に作ってしまっていた壁に過ぎなかった。







それから何回か海外旅行をした、
その度にもっと他の国に行きたい、
世界中を周ってこの目でみてみたいと思った、
このままでは拉致があかない、まとめて休みを取らないと。


まとめて休みを取る、その休みの期間は1年か2年、
その為には会社を辞めなければならない、
本当にそれでいいのか?


学生生活を振り返ると
その時その時でベストな選択をしてきたが、
卒業する時にもっとこうしておけばよかったと思う点がある。

社会人5年目、10年目も同じだ、
その時その時は一生懸命してきたつもりだが、
後から振り返ってみるともっとこうするべきだったという思いがある。

では60代や70代になって振り返った時に、
後悔しない為にはどういう選択をすべきだろうか。



世界を周ってみたいという想い、
その好奇心がしきりに自分の心をノックする、
ここで仕事を続ければ、30代、40代という仕事の忙しさに、
ノックの音は瞬く間にかき消されてしまうだろう、
そしてそのうちノックがあったことさえ忘れてしまう。

しかし60,70代になった時に再び思い出すのだろう、
そしてその時に気付くのだ、
どうして自分はあんなにやりたいと思っていた事を行動にうつさなかったのか、
どうして自分は忙しさにかこつけて、
自分の情熱を持てるものを無視して今まで過ごしてきたのだろうと。





「今」はいつでも忙しい、
今日、今月、今年、なかなか融通が利かない、
しかし本当にそうか?

目の前に人参をぶら下げられている馬になっていないか、
目の前の事しか見えていないのではないか。

60,70代になっても同じ事を言えるだろうか、
「あの時は忙しくてとても世界を周る時間なんて持てなかった」と、
本当に自分にそうに言い切れるのか?




60,70代になったつもりで、
生きてきた時間を俯瞰してみる、
自分には分かる、今やるしかない、
今やらないと自分の人生の終わりが見えてきた時に必ず後悔する。




上司に今のプロジェクトを最後に会社を辞めることを伝えた。

夜床に就いた時、
来年の今頃ぐらいには世界中を旅していて、
海外のどこかの宿で寝ているんだ、とぼんやり思った、
そう思うと信じられないような気持ちになった、
本当にそんなことがありえるのか?

一抹の不安がよぎる、
そしてその不安の三万倍ぐらいワクワクしている、
これが生きているという事じゃないのか。



生きている時間は本当に短い、
来年と思っていたものは瞬く間に目の前までやってきた。


さあ出発の時だ、
ノックしているドアを開けて好奇心に会いに行こう。







ブログランキングに参加しています、
以下のバナーをポチっとクリックすると票が加算されますので、
ご覧になられたらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ






約半年間かけて日本を周った時のブログ↓
風の吹くまま 気の向くまま 日本道中記

スポンサーサイト
プロフィール

Yusuke

Author:Yusuke
長年勤めた会社を辞め、
約半年間日本各地をバイクで周った後、念願だった海外へ。

気ままに興味をひくものがあれば風に吹かれるように移動する旅。

カテゴリ
訪問者数
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。